B型肝炎ワクチン追加接種プログラムに参加しました

adsense




11月のとある日のこと・・・日本赤十字社中四国ブロック血液センターから1通の封筒が届きました

「親展」って書いてあるからドキドキしながら開けてみると『B型肝炎ワクチン追加接種プログラム』へのご協力のお願いが入っていました

B型肝炎ワクチン追加接種プログラム

B型肝炎ワクチン追加接種プログラムとは??

B型肝炎ってちょっと恐ろしいイメージなんだけど・・・

B型肝炎ワクチン追加接種プログラムについて、まとめてみました!


B型肝炎の母親から生まれた子供やB型肝炎の患者に使用した針を誤って刺してしまった医療従事者への感染予防、B型肝炎患者の肝臓移植手術後の再発防止等に使われるのが、抗HBs人免疫グロブリン製剤

この抗HBs人免疫グロブリン製剤を作るためには、B型肝炎ウィルスの増殖を阻止するHBs抗体を多く含む血液が必要

そーゆー都合の良い血液は、通常の献血で確保することが困難

献血協力者の血液検査結果からHBs抗体を保持する人を抽出して、B型肝炎ワクチン接種経験とプログラム参加の意思があって献血基準に適合する人にB型肝炎ワクチンを追加接種

体内の抗体産生ピーク期間(接種後2週間〜4週間以内)に採血して、効率よくHBs抗体を多く含む血液を入手

この抗HBs人免疫グロブリン製剤の国内自給率の向上を目指す(ちなみに、平成30年の国内自給率は3.6%)

というプログラムのようです

avatar

人体でHBs抗体を製造するとは、なんと斬新なアイデア

・プログラム参加の費用は不要(ただし交通費は自己負担)

・プログラムで使用されるワクチンは、日本で市販され、20年以上にわたって数百万人に接種されているもの

・万が一ワクチン接種に起因すると考えられる健康被害が発生した場合は、補償制度が適用される


avatar

ワクチンが必要のない人に貴重なワクチンを使うのって、逆にもったいないような気がするけど・・・

プログラムに参加するかどうか迷った挙句、せっかくの機会なので協力させていただくことにしました

ワクチン接種までの流れ

申込書送付

返信用封筒で協力申込書を返送したら、献血センターから日程調整の電話がかかってきて、ワクチン接種の前に成分献血もお願いしたいとのことだったので、週末の午前中に予約しました

当日

肩に注射することも考えて、腕回りがゆったりした服装をチョイス

受付開始時間とほぼ同時に献血ルームに到着したのに、待合室にはすでに10名程度の人が・・・

プログラム参加者が特に優先されるわけではないから結構待たされるのを覚悟したものの、意外とスムーズに問診票入力〜血液検査などが終わって、血漿献血を開始したのは来所から30分後

特に普段の成分献血と変わったことはなく、読書をしながら40分ほどのんびり成分献血しました


献血の後はすぐにワクチン接種かと思いきや、

30分くらい休んでいただいてからワクチン接種します

avatar

担当者

とのこと(後で見たら、案内文書にも書いてありました)

お菓子や飲み物をいただきながら待合室で待っていたら、20分後くらいに必要書類(問診票、同意書など)記入のご案内がありました

リーフレットはお読みいただいていますか?

avatar

担当者

avatar

読みました

何かわからないことはありますか?

avatar

担当者

avatar

特にありません

それではこちらの同意書と問診票に記入をお願いします

avatar

担当者

撤回書も付いていますので、プログラムを辞めたいときはいつでも撤回できます

avatar

担当者

それ以外は特に口頭説明もなくて拍子抜け

avatar

まぁワクチン打つだけでそんなに大ごとでも困るけど・・・

献血終了からきっかり30分後に小部屋に呼ばれて、肩に筋肉注射を打って、ワクチン接種完了!

待合室でしばらく休憩して、その日の役目は終了です

ワクチン接種だけなら、説明時間と接種後の休憩時間も含めて、所要時間は約30分程度と思われます

注射後の経過

注射を打った部位は特に腫れや赤みはなくて、2日くらいは押すとちょっと痛みがある程度でした

インフルエンザの予防接種ですら10年以上受けていないから、今回のワクチン接種は結構ドキドキだったけど、とりあえず体調の変化はなさそうで一安心

接種後の状態については、次回の成分献血の時に書類(異常の有無を記載する様式)の提出をお願いされました

avatar

役立つ血液になってるといいなー

ワクチン接種後の成分献血

ワクチン接種後の成分経血がこのプログラムで一番重要とのことで、私は3週間後に血漿の成分献血に協力しました

重要ならいつもより多く採血されるのかと思いきや、そんなことはなく普段どおり40分程度(3回)の採血で、特に変わったことはありませんでした

相変わらず献血ルームは混雑していて、密かな献血ブームを感じました

HBs抗体価の測定結果は・・・

成分献血からおよそ1週間後、血液センターから『B型肝炎ワクチン追加接種プログラム』HBs抗体価測定結果のお知らせが届きました

抗HBs人免疫グロブリン製剤の国内製造用原料血漿として活用するために必要な抗体価は20,000mIU/mlなんだけど、私の測定結果は、求められている抗体価の半分程度しかありませんでした・・・

10mIU/ml以上で陽性判定だから10,000mIU/mlでも普段よりかなり多いのだろうけど、結局、通常の献血血液として活用されたようです

avatar

何だか申し訳ない気持ちでいっぱい

結論

B型肝炎ワクチン追加接種プログラムへの参加のハードルは全然高くなかったけれど、役立つ血液を作るハードルはとっても高かったです!!

ちなみに、ご主人様にはプログラムの案内が届いたことはないとのこと、今回は残念な結果となってしまったけれど、貴重な経験をさせていただきました

avatar

この記事がプログラムの参加を迷っている人の参考になれば嬉しいなー