人生初の人間ドック体験記@広島記念病院

adsense




消費増税の前に、人間ドックを滑り込み受診して参りました!

対象受診機関がたくさんあってどこで受診するか迷ったけど、職場の人に「交通費払ってでもKKR病院の方が安いよー」ってお勧めされるがままに、広島記念病院をチョイス。

申し込んだのは【KKR人間ドック(女性)胃内視鏡コース】とオプションのピロリ菌検査&血管年齢測定です。

検査前

受診日の3週間くらい前に、案内パンフレットと検便キット(大腸がん&ピロリ菌)が郵送で届きました。

広島記念病院人間ドック

検査前日は軽めの夕食推奨だったから、丸亀製麺の釜玉うどんをいただきました。

avatar

大好きな天ぷらは我慢!

検査当日

7時以降はお水も禁止。

受付開始は8時半にも関わらず、私が病院に到着した8時過ぎには待っている人がたくさんいました。

受付を済ませた後は指示された順序で院内を行ったり来たり。

人間ドッグ受診者の優先ルートがあるわけでもなく、外来患者さんと一緒に診療だから、診療科によっては結構待たされました。

内科検診

外来患者さんが多くて混雑していました。

簡単な問診を受けて、服の上から聴診器当てたり、グイグイお腹を押されたり・・・先生はとっても気さくな方でした。

わざわざ愛媛県から来たの?なんで??

avatar

先生

avatar

愛媛にはKKR病院がないのです・・・(涙)

レントゲン

胸部は健康診断と同じ感じであっけなく終了。

痛いと噂のマンモグラフィーは初体験です。

恥ずかしながら、今までワタクシ、マンモグラフィーは「乳首」を板で挟んで測定するものと思っていました。

avatar

板で挟んだら出血しそう・・・そもそも挟める?

頭に不安が渦巻く中、ディスポ手袋をはめた女性スタッフさんが胸をぐいぐい寄せて、板で挟んで締め上げて・・・

挟まれたのは「乳首」じゃなくて「乳房」でした!

上下と左右で挟む角度を変えながら、各2枚ずつ撮影してあっさり終了。

私は皮膚がちょっぴり赤くなったくらいで想像したほどは痛くなかったけど、胸が大きい人は厚みがあるから大変だろうなぁ~

avatar

巨乳ぢゃなくて良かった!!(笑)

聴力&視力

骨伝導の聴力測定は、耳の穴以外から音が聞こえてきて不思議な感覚でした。

眼底、眼圧も初体験。

血管年齢測定

指入れて測定するだけの簡易な感じ(健康フェアとかでやってそうなアレです)だったらガッカリだなーって思ってたら、ベッドに横になって手と足の血圧を同時に測って、その圧の差で動脈の硬さ(動脈硬化度)を調べるという、ナカナカ斬新な方法でした!

両腕両足に血圧計を取り付けられて、特に痛みもなく数分で終了。

半年くらい前に何かのイベントで測定した結果とあまり変わらなかったから、簡易測定も意外とバカにできないんだなーって思いました。

avatar

ちなみに、実年齢より若干上〜(涙)

肺活量測定

測定方法は、器具をくわえて思いっきり息を吐き出すだけ。

元気あふれる検査師さんが廊下まで聞こえるくらいの勢いで応援してくれたんだけど、何回やっても平均以下。

avatar

残念!

上部内視鏡

他にもあれこれ全身検査してもらって、一番最後は恐怖の胃カメラ。

私が受付したタイミングはちょうど患者さんが多い時間帯だったらしく、胃カメラの前の内臓エコー検査で1時間以上待たされました。

胃カメラ検査は鎮静剤を打って少しうとうとした状態で検査すると説明を受けるも、鎮静剤を打った場合は検査後に1時間程度横になって休まないと帰らせてもらえないとのこと。

ご主人様はとっくに全ての検査が終わって、1時間しっかりお昼寝済み。

avatar

お腹すきましたー

これ以上お待たせするのも申し訳ないし、早く終わらせてランチに行きたかったから、鎮静剤無しで検査してもらうことに決定!

喉の麻酔薬を飲んで、胃の動きを抑える注射打ったら、台の上に横になって口からチューブを入れていきます。

モニターに映った胃の様子を見る余裕もなく・・・検査時間は実質5分程度なのに、とても長い闘いでした。

検査中に何度もオエーってなるんだけど、それ以上に胃に空気を入れてパンパンになった状態の方が苦痛でした(涙)

ちなみに、鎮静剤を打ったご主人様は、嘔吐反射は一切なかったけど鎮静剤の注射と胃に空気を入れるのはしんどかったらしいです。

avatar

注射は別に普通だったけどなー。大げさな!

空腹と胃カメラのしんどさでふらふらになりながら、窓口でお会計して終了!

結果は3週間後に郵送してもらえるみたいです。

検査内容も充実していたし、総合的には大満足の人間ドッグでした。